~ばあばとおこわのお留守番~ 慢性腎不全・肥大型心筋症と戦い抜いた猫、おこわの記録

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

広くてあったかいおうち

たくさんのごはん

やわらかくてぷよぷよなお母さんの腕枕

しあわせそうなおこわ

でもお母さんは、

まだ小さいおこわがとても心配

おなかの具合もよくないみたい

少しの間だけ、お母さんがお仕事の日は

ばあばにお留守番をお願いすることにしました

お迎えから数日でうんちに異変が・・・

おこわはお迎え当日からずっと腹ペコモード全開で、とりあえずペットショップで半強制的にセットで買わされたごはんをまずは食べてもらっていました。

おトイレも特に何も対策する必要がなく、当日から上手に出来ていました。

新しいおトイレを使った直後の撮影に成功です✨

数日経った頃、おこわのうんちに血が付いている事に気が付きます。

桃が旅立ってしまった時の記憶が蘇り、顔面蒼白で冷や汗が出まくる万年課長。

やっぱりあのペットショップはこうなのか・・・

あんなペットショップで生後半年になるまで過ごしていたから病気になってしまっているのか・・・

最悪の事態が脳裏を横切る

あのペットショップから売れ残ってしまった子をお迎えするという事は、何かある可能性がないとは言い切れない。

何より、あのペットショップからお迎えすると決めた時から、何が起こるとしても最善を尽くして最後までおこわのそばにいると決めていた。

とにかくすぐに、うんちを持っていちばん近くの動物病院へ。

検査をしてもらったところ大きな問題はなさそうで、フードが合わないと血便が出てしまう事があるとのお話。

整腸剤を処方してもらって、フードを変えて様子を見る事になりました。

ばあばと初孫のお留守番

うちの会社は休みが少なくて残業が多く、更に朝が早い。

相方は6時出社、私は通常8時出社で週に2~3回早出で7時出社。

帰宅も早くて6時半くらいで、私は月次監査が近いと8時頃まで残業。

さすがにまだうちでの生活に慣れていない小さなおこわをその時間ずっとお留守番させるのは心配。

出来るだけ負担をかけずに頼らずに生活したいのだけど、ここは小さいおこわの為💨

✨ばあば召喚✨

ばあば(ばあやのことです)、ちょっと毛深くてひげは長いけど可愛い初孫ですよ。

ばあばも年寄りだからちょっぴり心配だけど、今回のところは初孫の為に一肌脱いでおくれ。

ばあばは長年勤めた勤務先を定年退職して2年程。

出不精でほとんど家から出ないので、気分転換も兼ねて1週間程通ってもらう事に。

実家からうちまでは、電車とバスでだいたい45分くらい。

長旅で申し訳ないので、朝はばあばも家の事があるので都合の良い時間に電車とバスを使って来てもらい、帰りは私の帰宅後実家まで車で送って帰った。

ばあばとおこわのお留守番。

コタツに入ると、膝に乗るのおこわ。

ばあばはそんなおこわがかわいくて、本当に孫とおばあちゃんのように私が帰宅するまでのんびり過ごしてくれた。

こうなると、おこわはばあばを母親だと思ってしまうのではないかとちょっぴり心配だった万年課長ですが

地獄のようなペットショップから比べると格段に居心地がいいおうちに連れてきた私の事を、卵から孵った雛が最初に見た生き物を親だと認識するかのように母親と認識してくれた様子のおこわさん。

昼間ばあばと過ごしていても私がいれば私のそばを離れなかった。

ばあばがいるので安心してお昼寝するおこわさんです🥰

なかなか治らない血便と下痢

ばあば・時々じいじで1か月間お留守番をしてもらい、ご飯もたくさん食べて元気に過ごすおこわ。

ただ一つ問題が・・・

毎回ではないのだけど、まだうんちに血が付いている事が。

夜遅くにけっこうべったり血が付いたうんちをしたので、夜間診療をしている病院にも連れて行って診てもらったけど、その獣医さんもやっぱり診断は同じで、元気も食欲もあるのならフードが合わないのかもと。

うーん・・・でも、じゃあどんなフードならいいの?

ペットフードは添加物がたっぷりで、メーカーによっては生き物に食べさせるようなものじゃないなんて恐ろしい事書いてある・・・

ん???

やば!!!

あのペットショップで買ったフードなんて絶対危ないじゃん!!!

まだたくさん残ってるけどなんか怖いから捨てよ・・・

定期購入とかめっちゃ薦めてきたけど、断ってよかった😌💨

とりあえず、無添加・グレインフリーというキーワードで探してみる事に。

でも、どれもあまり改善が見られないし、好みじゃない物もあってなかなか食べてくれない😥

ササミとブロッコリーを茹でて(筋トレ?)すりつぶしてみたりもしたけど食べない😢

ちゅーるもあまり喜ばない・・・

おこわは小さいころなぜかちゅーるをあまり喜んで食べませんでした。大人になって美味しさに気付いたようです😁

そんなある日

日中ばあばがお留守番に来てくれていたのですが、うんちがゆるいと連絡があったので残業はせずに帰宅しました。

目星をつけていた、近所の病院より医療設備が揃っている動物病院へ連れていく事に。

キャリーに入ってもらって家を出ようとすると、キャリーの中でうんちをしてしまったおこわ。

下痢で、さらに血も出ている。

顔面蒼白になった私とばあば。病院までは車で5分弱くらいだったのでそのまま大急ぎで病院へ。

簡易的な検査をいくつかしてもらって、特に大きな異常や問題はなしとのことでした。

食慾も元気もあるので、やっぱりフード問題が疑われる。

消化器が弱いのかもしれないとの事で、消化器サポートのご飯のサンプルをいくつかもらって食べさせてみる事に。

ロイヤルカナンの消化器サポートが好みらしく喜んで食べるので、その後はこのご飯を食べてもらう事にしました。

ご飯を変えてからは血便も下痢もしなくなったんですよ😲病院で薦めるご飯ってやっぱり安心です。

ロイヤルカナンの可溶性消化器サポートは、うんちの状態がとても良くなります。

食いつきも良くて、慢性腎不全が発覚するまでの5年間は飽きずにずっとこのご飯を食べてました。

療法食なので獣医師との相談が必要ですが、おすすめですよ。Amazon安いね・・・

そんなわけで・・・

うんちの状態もすっかり良くなったおこわ。

ばあばとのお留守番を卒業して、これからはひとりでのお留守番です。

ばあば、約3週間の出張お留守番、ありがとうございました🥰🐈🐾

この時はまだ、1年後にばあやとしておこわ姫のお世話をすることになるとは思ってもいなかったばあやでした・・・

あとがき

おこわは小さいころとても消化器が弱く、成猫になってからも朝ごはんの後は嘔吐が多かったです。

猫ちゃんはそもそも吐く事が多いのですが、お世話係の私たちとしてはとても心配ですよね。

朝ごはんの後に吐いていたのはいわゆる吐き戻しという症状で、空腹の状態で急にご飯をがっついて食べる事が原因だったようで、ご飯とご飯の間隔を空けすぎないようにはしていました。

それでも、

  • 食後すぐの吐き戻し(食べたものをすぐに吐き戻す)
  • 毛玉を吐く

上記以外の嘔吐や、食後すぐであっても一日2回以上嘔吐している場合はすぐに病院に相談してました。

頻繁に病院に連れて行くのはおネコ様にとってストレスになってしまうので、異常を感じる時はまず電話などで病院に相談して、自宅で様子を見て大丈夫な場合はしっかり様子を見てあげる。

それでも改善が見られなかったり、どうしても心配な場合は迷わず病院へ行くようにしてました。

動物病院ってけっこう忙しそうで、あまり頻繁に相談の電話をするのをためらってしまう事もあったのですが、

大切な家族の事なのでそこはためらわずに皆さん相談して欲しいと思います。

以前別の記事でも書きましたが、こういった場合にどんなに忙しくてもしっかり相談に乗ってくれる病院を選んだ方がいいです。

時には命に関わる事もありますから💨

おこわをお迎えしてから1か月頃までのおはなしでした。

お読みいただき万年家一同感謝です💚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA